ライフスタイル

シンプルライフな部屋にするための目指すべき5つの習慣

「ミニマリスト」「シンプリスト」どちらにも言えることですが、

不要な物は手放して、必要な物や大切にしたい物だけで生活するスタイルです。

実践する前は「寂しくなる」「もったいない」という声もありますが

実際にやってみると「スッキリした」「気持ちに余裕ができた」など、豊かな心を身につけることができます。

「ミニマリスト」ほど極限まで物は減らせない。でも物は減らしたい。

そんな方に「シンプルライフ」な部屋にするための5つの習慣をご紹介します。

いらないものは捨てる

昔の新聞・雑誌、チラシ、ダンボールなど、これはいらないと断言できるものは捨てましょう!

雑誌で残しておきたいページがある時は、スマホで写真を撮ってもいいですし、スキャナで取り込んでもよいですね。

使うかもしれないものは捨てる

「いつか使うかもしれない」と思って、ずっと置いてあるものありませんか?

「いつか使う」はずっと使いません。といっても中には「その後すぐに使う機会があった」という声もありますが、全体の割合で言えば数%以下です。(あるかないか)

そのためだけに、すべて家に置いておくのは合理的ではありません。

「捨てづらい」と思われる方は、お店で買取してもらったり、リサイクルするなどの検討をしてみると良いです。

とりあえず買っておくことをやめる

日本は地震が多いので、非常用に購入することは全然問題ありません。

ここで言いたいのは「そのうち使いそうだから」とか「今日安いから」という理由です。

先ほどの「 2 」でご紹介したことと重なりますが「そのうち使う」は来ません。

無駄なお金やスペースを費やすことになるので、避けた方がよいでしょう。

1つ増やしたら、1つ減らすことを考える

  • 1+1=2
  • 2+1=3
  • 3+1=4
  • ・・・

当たり前ですが、足し算しかしないと、物は増えるばかりになってしまいます。

新しく物を買う時は、代わりに手放すものがないか検討しましょう。

必要かどうかを考えられるようになれば、判断力が向上して余計な物を買わなくてすみます。

物を床に置かない

疲れて帰ってくると、ついつい床に置いてしまうことありますよね。

その後片付けられず、何日も同じ場所に置いたままなんていうこともあります。

使ったものは元の場所に戻すのが基本です。

まとめ

大掃除で一気に片付けたというケースもよく聞きますが、「捨てる」ことが習慣化されていないため、新たに物を買ってしまうことになります。

そうならないためにも、まずは「捨てる」ということを少しずつ定着させる必要があります。

今回の5つの習慣を実践するだけでも部屋は片付きます。

もっとやってみたいと思う方は「断捨離」にもチャレンジしてください。

ABOUT ME
takeoooo1
岐阜県在中のシンプリスト。断捨離・ミニマリストに興味あり。断捨離歴12年を経てシンプルライフを満喫しています。仕事も大事だけど、家族や好きなことに時間を使っていきたい。Twitter・Blogで情報発信しています。 私の目指す「しんぷるらいふ」とは、1つ1つのことを簡単にして、より多くのことにチャレンジすることです。気軽にフォローしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


シンプルライフランキング